取材事例 マネジメント改革 エイチームの取り組み③

マネージャー同士の関係性向上で組織的育成を図る
ダイバーシティや働き方改革などでも核となる取り組みはマネジメント改革(支援)だ。社員の価値観が多様化し高度なマネジメントスキルが求められる中、自身のマネジメントスタイルに戸惑いや不安を見せるマネジャーは少なくない。マネジャーの疲弊はメンバー育成にも影響が出る可能性が懸念される。今回のエイチームが行ったマネジメントスタイルの策定によるマネジメントの平準化や統一、さらにマネジャー同士が支え合う機会の提供はマネジャーにとって有益でメンバー育成という観点でも効果が期待できる。「マネジャー同士の対話はマネジャーの課題解決やノウハウ共有といったメリットもありますが、マネジャー同士が関係性を作っていくことで多面的にメンバーを育成出来る点が大きいと思います。例えばあるメンバーのマネジメントに課題を抱えているマネジャーが他のマネジャーに対して助言や協力を求めることも可能です」川口氏
「明文化されたマネジメントスタイルの項目の中にも“自力だけにこだわらない”というのがあります。自分の部下のマネジメントを自分の力だけでやる必要は全くないのでグルー
プ全体の知見でやっていくとことが奨励されています。」中久木氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。