DATA「女性は女性活躍推進をどのように捉えているか」

「社会人女性300人に聞いた女性活躍のポイント調査」(ディップ株式会社調べ)によれば女性は女性活躍推進を「性別の違いなく働きやすい職場にすること」と捉えている人が最も多く(約49%)次いで「女性が働きやすい職場にすること」(約48%)そして「性別の違いなく成果を上げられること」(約46%)と続いた。職場で提供されてほしい制度のトップも「在宅勤務」という結果になったが、多くの女性社員がダイバーシティを「働き方改革」として結びつけ考えているデータとして興味深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です