ダイバーシティ経営を支援します

 

 
 
 
 
 

ダイバーシティ時代に求められるスキル

ダイバーシティ経営を推進する企業が増えているが、個々のビジネスパーソンに求められるスキルは何か。
 その1つが「コンフリクトマネジメント」の知識とスキルである。
「コンフリクト」とは対立や摩擦を意味するが、多様な人材の雇用に伴い、組織内のコンフリクトが高まる可能性がある。
 しかしコンフリクトをネガティブに捉らえるのではなくて、成長やシナジーというプラスの方向にもっていくことがダイバーシティ経営では重要となる。 その際、必要となるスキルがコンフリクトマネジメントである。
 しかしながら日本人は対立を避ける(回避)傾向があると言われるだけでなく、コンフリクトを管理するようなトレーニングを受ける機会も多くない。
 対立の回避は一時的な解決は図れることもある。しかし長期的には相互理解による利益やシナジーの機会損失などデメリットは少なくない。
 人間が生きている限りコンフリクトは避けられないと言われるが、ダイバーシティ経営の時代では組織内のコンフリクトは避けれないケースが増えるだろう。だからこそ、特に管理職層はコンフリクトマネジメントのスキルを身につけ、組織の摩擦や対立をシナジーや成長などのプラスの方向に変える能力が求められる。
 

 

お問い合わせはこちら

 
 
ホームページ作成方法